::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::津久井のステキ話 その⑤≪癒されバージョン≫
神奈川最古の清水酒造さんと並び

もう一つの津久井にある蔵元久保田酒造さんの

ステキ話(M本ブログ参照)を書けないまま、1週間・・・・。

ステキな写真だけでもご紹介。

津久井にあるもう一つの酒造

こちらが29歳の若き蔵人、癒し系の徹さん

私たちの追撃を1時間以上にも渡り耐え続けてくださいました。

すっかり打ち解けたと思っています・・・(いつもの妄想?)

29歳の蔵人

※写真はプロのカメラマンが撮影したものをお借りしています


津久井の話  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::すっかり観光気分の、津久井ツアーその③
津久井に、料理の鉄人“道場六三郎”さんの元で修行をした

スゴイ料理人がいると聞いてやってきた。

さぞかし、職人気質のいかついオヤジかと思いきや・・・

とても気さくにいろんな話をしてくれるスマイルがステキな優しい方だった。

地元で100年近くご商売をされている八百辰さんは、

ご家族全員本当に元気で仲がいい、あたたかいお店。

銀座の割烹に行くなら、コチラに来よう、と思った。

 ・・・1000円以下のランチもあるみたいだし。

みやび亭八百辰さん

ご馳走になったスイーツは・・・

昔ながらの手作り感のあるカスタードプリンにりんごのコンポート添え♪

もちろん・・・それはそれは、大変おいしゅうございました。。。

いつもありがとうございます!


ランチは新人のM本ちゃんに是非、最高のイタリアンピザを、と

ダイスキなドリームファームさんへ。

梅澤さんが、

梅澤さんJr.はお店の外でチキンの燻製を↑

そしてやっぱり、ピザはマルゲリータ↓

やっぱりマルゲリータ!

本場イタリアから取り寄せた石釜とモッツアレラ、

津久井の朝採れトマトとバジルで作るマルゲリータは2人分で1680円くらい?だったかな・・・。

八百辰さんで頂いたスイーツがボリューム満点だったので

後半はかなり苦しくて・・・運動したい気分に。



梅澤さんJr.とお話していたら、神奈川で一番古い歴史を持つ

蔵元『清水酒造』の息子さんと同級生だとのこと。

突然、ポケットからアルファロメオ色のケータイを取り出して

『今どこ?あ、会社?今から神子さんて人行くからよろしくね』と即効TELアポ。

ドリームさんからクルマで5分くらいだというので、

宝暦年間(西暦1751年)創業で約250年の歴史を持つ

神奈川最古の清水酒造さんへ伺うことになった。


以前行った久保田酒造さんより古い、歴史のある蔵元って一体・・・


このステキなハナシは津久井ツアーその④で♪

津久井の話  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ステキ、というより、スゴ過ぎるんですけど・・・
マイブームになっている津久井ツアーだが、

今日のお蕎麦屋さんはちょっとハンパない。

脳外科の看護士として30年以上のキャリアのお母さんが

そろそろ何かしたいよね…お蕎麦屋さんしちゃおうかしら・・・

じゃ、まず畑を耕さなくっちゃ・・・と、こんなノリで作ったお蕎麦屋さんなのだ。

畑を作り、種を蒔き、育てて収穫、そして脱穀、石臼で挽いて・・・という

すさまじい工程を独学で研究して極めたというから、スゴイ。

漫画家のエビスさんも訪れたらしい。

土日祝のみ、1日20食限定だから、滅多にお目にかかれない幻の蕎麦なのだ。

私的には日本一!

↑こちらが、その三樹さんの幻の蕎麦。

そのまま頂いても、ほんのりとした甘みと蕎麦の香りが口の中いっぱいに広がって・・・

お蕎麦だけでなく、お野菜も畑で作っているらしく、

アスパラなんて全く別モノ、新たまねぎも超甘い。。。

チェーンでは絶対に味わえない、地元ならではのお店の魅力だなぁ。。。としみじみ。

ちなみに、三樹さんのお蕎麦がたまらなく食べたいっ!という方は、

Vitaにスペシャルなクーポンが付いているので、お忘れなく。



お蕎麦好きなSワジのダンナさまに耳寄りなステキなニュースもGET。

三樹さんのお蕎麦は11月が収穫期。お蕎麦を収穫してくれるボランティアさんを

募集しているとのこと。しかも!ボランティア特典で新そば食べ放題!



お土産に今朝畑から採ったばかりの絹さやとニラもいただきました。

いつもありがとうございます!

三樹さんのお土産

今夜のF田家は、この前の烏骨卵と朝採れの超新鮮なニラという

高級食材でつくる庶民のお惣菜が食卓を飾ったのかも。。。





津久井の話  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ステキ、津久井ツアー その②
6月1日入社の新人さんを連れて宮ケ瀬まで。

CXの高島アナも訪れたという『宮ケ瀬コッコパーク』という未体験ゾーンへ行ってきた。

深い緑の山々に囲まれた津久井の自然の中にすさまじい数のニワトリさんたち。

時々、南国系の鳥やウサギ、それに最近立場の弱いブタさんがいたり。

自らを『園長さんです♪』と言うオチャメな矢部園長さんに園内を案内してもらいながら

卵の食べ時だったり、若い鶏と歳行っちゃった鶏の産む卵はどっちが美味しいとか、

ダチョウの正妻と2号さんが産む卵はね、などトリビア話もたくさんして頂いた。

帰るときには、1個300円もする烏骨鶏の卵やとっても珍しい淡いブルーの青玉など

3種類の新鮮たまごの詰め合わせを、なんと!

会社のスタッフ全員に、とお土産にしてくださった

本当にありがとうございました!

おみやげ!



続いて、創業 1844年(弘化元年)という久保田酒造さんへ。

商工会の古田さんが大絶賛していただけあって、久保田酒造さんは

江戸時代にタイムスリップしたかのような、国の重要文化財みたいだった。

八墓村のロケにも使われたという、スゴイ造り。

久保田酒造さん

周りには古い酒樽や酒槽があったり、土蔵があったり・・・

すっかり観光モードになりながら、次は地元で有名なお蕎麦屋さんへ。



こちらは、来週撮影に行くので続きはまた今度・・・。





津久井の話  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::藤野か…津久井か…
深い緑と美しい清流に抱かれた大自然の街・津久井に行ってきた。

先週、藤野の魅力にハマった私だったが、

今日は今日で商工会の古田さんに津久井の魅力をたっぷりレクチャーされ

またまた地元の方しか知らないような超ステキな穴場ネタを沢山仕入れてきた。


その後、国内のみならず世界的にも有名なピザ職人の梅澤さんのお店、

ドリームファームさんを訪れた。

交通量も決して少なくもない道路からスグのお店なのに

そこだけ、ゆっくりとした時間が流れているような、美しい佇まい。

6月になれば、スグ前の小さな川に蛍も飛び交うと言う。

森の中の・・・

店内もキレイ!



ミラノから取り寄せたという薪焚きのオーブンで焼き上げたピザは

目の前でスライスしたチーズをたっぷりのせてサーブされる。

久しぶりのピザは

久しぶりの梅澤さんのピザは・・・やっぱり最高!

仕事中のF田、Gコちゃん、ゴメンね、私だけこんな美味しいもの

いつもいただいて・・・、と幸せを噛み締めながら

更に興味深い津久井のお話をたっぷり聞かせていただいた。

こちらは最後にいただいたオリジナルスイーツ、梅アイス。

梅アイス!

ありそうでなかった、甘酸っぱい梅とアイスのコラボ!



今日も本当に美味しい時間とステキなお話をたっぷり聞かせて頂き

永住するなら津久井もいいなぁ。。。と思えてきた染まりやすい私だった。



沢山伺った津久井のステキな穴場たちは

津久井BestセレクションとしていつかVita上でご紹介します・・・♪



津久井の話  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prev | home |
Copyright © 2017 【マチダ発】ブログノチカラ , All rights reserved.
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。