::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::ツインズのツリーと半月と
町田・相模原の新しいポータルサイト“Vita”の
WEBページのデザインも着々と出来てきた。

“Vita”はカスタマーからの投稿と
掲載店から発信するブログで
双方向性色を強くできれば、と考えている。

カスタマーからの投稿写真を
トップページのメインビジュアルにしてみたり。


・・・そんな企画も決まったので
先日、取締役から4万円で買ったキャノンのEOS30Dを持って
町田の駅に行ってみた。


レンズも付いて新品同様の30Dが4万円って。。。
ネットで価格をチェックしてみたら
ありえない破格なんだって
たった今、知ったとこ。



町田2
町田のハナシ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::おめでとう!ゼルビアJFL昇格
11/28から石垣島で行われていた
サッカー地域決勝大会の決勝リーグで
ゼルビアが3戦全勝!
見事にJFLに昇格しました。

Jリーガー輩出数全国第2位のこの町田
待望のJリーグチーム誕生まで
私も微力ながら応援して行きたい!!
・・・と思ってます♪♪♪


本当にオメデトウ!!



町田のハナシ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::祝!ゼルビア決勝リーグへ
11月22日から行われていた全国地域サッカーリーグ決勝大会。

町田が誇る我らがゼルビアはなんと3戦全勝で決勝リーグへ!
しかも3戦目はPK戦の末の劇的勝利というドラマチックなもの。
ワールドカップの日本戦以上にドキドキしていた24日のワタシ。

運命の決勝ラウンドは28日から石垣島で。
町田のサッカー史に新しい歴史が刻まれる劇的瞬間が・・・
きっと、きっとやってくる。






町田のハナシ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::偶然、未来のJリーガーと・・・

またもや私達は出遭ってしまった。
二度目の偶然も初めて出逢ったあの場所だった。

スラッとした長身の彼はブルーのジャージ姿ではなかったが、
相変わらず爽やかな笑顔が眩しいアスリート、
ゼルビアのフォワード加賀山選手だ。

3週間ぶりの再会に二人とも驚きつつ会話は弾んだ。

この偶然は・・・もしかして、もしかして運命の出会い・・・?
私たち、この先きっと恋に・・・恋に・・・落ちる・・・
ワケはない。


残念な妄想話はさておき、
最近は私用で新潟へ行く機会がとても多いので
街中に溢れるアルビレックスを観察してみた。


昨日はホーム“ビッグスワン”で浦和レッズ戦。
夕方食事に行ったお気に入りの田舎家にも
赤いユニフォームに身を包んだ二人連れの若い女性がいた。
愛想のいいホールのおばちゃんもアルビレックスの話には、かなりくいついた。


人気の商業施設では仲のいいご夫婦がほっこり。


アルビおじいちゃんが


アルビアピタ



小さな個人店にもポスターが貼ってあり
タクシーに乗ればステッカーが貼ってある。

アルビアピタ



高速の料金所ではアルビレックスのユニフォームを着たおじさんがいたり
ローソンの何店かはオレンジ色で、中にはグッズのコーナーが。


ジャスコではこんな事もやっているらしい。

アルビジャスコ



至る所にアルビレックスが溢れている。
街の中に、人々の生活の中に、本当にどこへ行ってもアルビが愛されている。


2011年にJリーグ昇格を目指す我らがゼルビア
史上最大の決戦となるであろう「地域リーグ決勝大会」もいよいよ11月22日から行われる。
「地域リーグ決勝大会」は関東リーグで優勝したゼルビア
Jリーグに勝ち上がって行く為の最初の関門だ。

各エリアを勝ち抜いた強豪16チームから上位2位までのチームがJFLに自動昇格、
3位なら下位チームと入替戦に臨めるというもの。


2011年。
ゼルビアがJ昇格という大きな目標を掲げたその年
会社は3周年を迎え、4年目に入る。


これからスタートする会社のポータルブランドが
Jリーグに昇格した彼らのユニフォームのどこかに縫い付けられている事を
ワクワクと妄想しながら・・・久し振りの町田の夜は更けて行った。
町田のハナシ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ゼルビアが町田を変える日

サッカーネタが続いていたせいか、今日買い物をしていたとき
偶然ゼルビアの選手に遭遇した。

スラっとした長身、いかもにスポーツマンらしく日焼けした爽やかな笑顔。
そんなイケメンが私の後ろの後ろでレジを待っていた。

ちょっと汚れたブルーのジャージ。
スポンサーワッペンが・・・うわっ!チョー地域密着だ。
これは・・・これは・・・ゼルビアの選手に違いない、と思い
臆することなく声をかけた。

あと20歳若かったら“逆ナン”というククリのアプローチだったのだろうが
残念ながら元気のいいオバサン(泣)が若い男の子に声をかけた、
だけにしか見えなかっただろう。


その長身の彼はゼルビアのフォワード・加賀山選手
HPで紹介されている写真より本物の方がずっとイケメンだった。

しかも、いきなりプライベートで話しかけられたのに
嫌な顔ひとつせず、私の相手をしてくれ、性格もかなり、かなり◎。


鹿島が住んでみたい街の第4位にランクインした話があったが
ゼルビアがJリーグに昇格して、町田の至る所に
こんなイケメンがたくさん溶け込んでくれたら・・・。

それはそれはF2、F3層の極上の癒しとなり、
住んでみたい街の上位にランキングされることは間違いなさそうだ。







町田のハナシ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prev | home | next>>
Copyright © 2017 【マチダ発】ブログノチカラ , All rights reserved.
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。