::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::タツヤカワゴエの“今すぐブログに書きたい”気分!
日曜だというのに、撮影に出掛けてきた。

普通、土日は平日に処理しきれなかった仕事や

来週の準備で、たいていPCの前に座りっぱなしなのだが

『どーしても、どーしても、食べて欲しい、写真に撮って欲しい!』と

シェフが電話口で繰り返す美味しい『キッシュ』があるという。

『キッシュ ローレーヌ』はフランスのローレーヌ地方の郷土料理で

パイかタルト台の中にチキンや野菜を入れ、卵と生クリームに

チーズ載せて焼く伝統料理。私もこれまで都内の人気レストランで食べたり

買ってきたこともあったが、どれも「想定の範囲内の味」だった。

今回の『キッシュ ローレーヌ』は相模原の下九沢にある

アンファンネージュさんというスイーツ屋さんのもの。

弊社で運営しているポータルサイトVitaでもお馴染みのパティスリーだ。

何度も撮影に行ったりお話しを伺っていて、これまで他のお店で食べて

『微妙~』と思い、ソレ以来食することがなかったたスイーツも、

ココで食べると『別モノ!』だったことが何度もあった。

例えば、『ギモーブ』や『パートドフリュイ』などがその類だ。


日曜日の混雑する道路を走り、下九沢のお店へ行くと、

普段よりも店内は家族連れで賑わっていた。

そんな中、焼きたての『キッシュ ローレーヌ』が美味しいそうな匂いと共に

運ばれてきて店頭に並ぶと、すかさず、若いお父さんのハートを射止めて

しばらく彼を釘付けにしていた。

あ、アレが噂の・・・と思い、まず、見た目からして普通のキッシュの

倍くらいの高さに驚きながら、撮影の準備に。

キッシュ


撮影をすませると、オーナーシェフの笹野さんがアチチ…を連呼しながら

アツアツをカットして下さり、スグに頂くことに。

笹野さん カットすると


あまりに熱々すぎて切れない~と言いながら、なんとか切って下さったのがコチラ。

中に入っている沢山の具材が見えますか~?


土日に普段は動かない私をわざわざ呼び寄せた『キッシュローレーヌ』は

想像を超えた味、『今すぐブログに書きたい気分』(by川越シェフ!)

驚いたのは具材が多いこと、しかもその一つ一つがしっかりグリルされていて

もう、この一品でお店が出来ちゃうくらい。

川越スマイルがもう、無制限に飛び出す美味しさでした(川越シェフが食べたと仮定して)。

ちなみに、キッシュの中身はお店のブログでご確認を→コチラ


ちなみに、このキッシュ、来週からは日曜限定で午後1時半くらいに

焼きあがる・・・ようです。※変わる可能性もあるので、絶対食べたい方は

お店で確認を。12cmのホールが1,050円、15cmだと1,575円、カットしたものは315円です。





Vita町田・相模原  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2018 【マチダ発】ブログノチカラ , All rights reserved.
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。